ユーリックホーム | 香川県高松市の不動産

ZEHの家ZEH

ユーリックホームがZEHビルダーとして登録されました。

ZEH(ゼッチ)とはABOUT ZEH

ZEHとは、Net zero Energy house(ネットゼロエネルギーハウス)の略称で、自宅で消費するエネルギーのほとんどを自宅で創り出す住まいのことで、一言でいえばエネルギーの「自産自消」の家です。

つまりは、建物の高い断熱性により「エネルギーを極力必要としない家」であり、省エネ性の高い設備機器やHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)による「エネルギーを上手に使う家」であり、太陽光発電システムなどによって「エネルギーを自ら創る家」のことをいいます。

ゼロエネルギーハウス(ZEH)

創エネ

家庭における創エネの代表が太陽光発電システム。 発電した電気は各電気機器に供給し、余った電気は電力会社に売電。発電電力量が足りない場合や夜間には電力会社から買電します。さまざまな屋根形状にも対応できるので、建物のデザイン性も損なうことなく設置できます。

創エネ

家庭内のエネルギー消費の中で大きなウエイトを占める「空調」「照明」「給湯」「換気」で省エネ効果の高い設備やアイテムを導入。そして、HEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)で、家庭の電気機器をつなぎエネルギー使用状況を「見える化」したり、各機器をコントロールしてエネルギーの自動制御をし、節電を快適にします。

断熱

建物の断熱性とは、壁・屋根・床などの構造体、窓などの開口部から熱を逃さないことを言います。高断熱仕様・高性能樹脂サッシなどを使用し、不快な結露も抑え、冷暖房効率を高め、エネルギーを極力使わずに室内の快適な温熱環境を実現します。

ZEHメリットMERIT

ZEHを実現するには、「断熱」「省エネ」「創エネ」について厳しい評価基準をクリアしなくてはなりませんが、住まい手にとっては、それに見合うだけの様々なメリットを享受できます。

光熱費の削減
使用するエネルギーと創り出すエネルギーが相殺されるので、毎月の光熱費を大幅に安くすることができます。そのため、地球にもそして家計にもやさしい住まいになります。
健康への好影響
断熱性が高いので、家中の温度をある程度一定に保つことができ、居室間の温度差による急激な血圧上昇やヒートショックのリスクを軽減できます。
快適性の向上
高断熱・高気密構造の2×6(ツーバイシックス)工法に、窓から熱が逃げにくい半樹脂サッシを合わせることで、冬も夏も外気の影響を受けにくく一年中快適な生活を実現します。
 
災害への備え
2×6(ツーバイシックス)工法を採用し、地震に強い強靭な構造体を実現。また、太陽光を取り付けることで自家発電が可能になり、停電時もテレビや冷蔵庫、照明などに活用することができるため安心です。

暮らしと地球にやさしい
ゼロ・エネルギー住宅

政府目標では、住宅は2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な新築住宅とすることを目指すとし、また2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すことをあげています。

ZEH事業計画

ユーリックホームは、ZEH事業について、2020年に新築住宅の50%をZEH化することを目標に、取り組んでいます。

ZEH(Nearly ZEH含む)受託率目標 2018年度(平成30年度) 2019年度(平成31年度) 2020年度(平成32年度)
10% 20% 80%
ZEH(Nearly ZEH含む)受託率目標
2018年度(平成30年度) 10%
2019年度(平成31年度) 12%
2020年度(平成32年度) 80%