建物の大きさは土地によって制限があり決められている為、どんな大きさでも良い訳ではありません。

特に注意しないといけないポイントが2つあります。

1つ目が建ぺい率(その土地に対して、上空から見た屋根の占める割合)です。建ぺい率は建物だけに限らず、物置やカーポートの屋根までも含まれますので注意が必要です。建物の面積の算出方法は「土地面積×建ぺい率」です。

続いて2つ目が容積率(その土地に対して建築可能な延床面積の割合)です。算出方法は「土地面積×容積率」です。容積率によって1つの土地に対しての建物面積の制限が決められております。